水害時に役立つ情報サイト

>

水害が起こりそうな時にとるべき行動とは

家にいる場合

水害が起こる前に避難した方が安全、とは限りません。
下手に移動するよりも家にいた方が安全な場合もあります。
避難すべきか家にいるべきかを判断するために、気象情報などをこまめにチェックしましょう。
避難勧告や避難指示があった場合、すぐに避難が開始できるように早めに避難準備にとりかかっておくことも重要です。
非常用バッグを日頃から準備しておけば、慌てて避難して大切なものを忘れてしまうこともありません。
避難する際にはハザードマップで確認した危険箇所を避け、安全なルートで避難場所に向かいましょう。
水位が上がってからの避難は危険です。
ハザードマップで自分の住んでいる場所が明らかに危険であることが分かっている場合、避難指示などがなくても早めに避難しておくとより安全に避難できます。

外にいる場合

台風や豪雨の日でも、仕事などで外にいる場合もありますよね。
そんな時は一度建物の中に入って、今自分がいる場所が安全かどうかを調べます。
海や川が近くにあることが分かれば、そこには絶対に近づかないようにし、安全な場所に移動しましょう。
すでに水位が上がっていて、建物が2階以上ある場合には移動せずに上の階に上がった方が安全です。
ハザードマップなどで安全が確認できた際には、雨が弱まるまでそこで待機します。
水位は上がっているが移動せざるを得ない状況に陥ることもあると思います。
そんな時、足元に何があるか分からずに移動するのは危険ですので、木の棒か何かで安全を確認しながら進むようにしてください。
自分の腰あたりまで水がきてしまっている場合、移動するのは危険です。
近くにある、一番高い場所に行って救助を待ちましょう。


このコラムをシェアする