水害時に役立つ情報サイト

>

大切な家を水害から守るためにできること

雨水ますを機能させる

雨水ますと聞いてピンとこない人もいるのではないでしょうか。
雨が降ると水が流れていく先にある、四角や丸のマンホールに似たもの、あれが雨水ますです。
葉っぱやゴミが溜まっているのを目にしたことはありませんか?
水害が起こった時、雨水ますに物が詰まっているとその機能が上手く働かず、道路に水が噴き出してしまう可能性があります。
家の近くにある雨水ますをこまめに掃除することも、浸水の防止に繋がります。
また、雨水ますや道路上に段差解消プレートや鉢植えなどを置いている人もいますが、これも雨水ますの機能を妨げる原因です。
鉢植えなど、そこでなくても置き場所があるものはすぐに移動し、段差解消プレートは台風や豪雨で水位が上がる前にどかすようにしましょう。

土のうや止水板の準備

地下または半地下構造であったり、比較的低い位置に建っていたりする家は浸水してしまう可能性が高いので、浸水対策をしておく必要があります。
外から家の中に水が入ってくるのを防ぐ方法として、土のうや止水板が挙げられます。
土のうはホームセンターでも購入できる土のう袋に土を入れただけのものです。
しかし、土を詰める手間がかかりますので、水だけで膨らむ吸水土のう袋の購入をお勧めします。
土のうは重いため、女性や高齢者には止水板の方がいいでしょう。
止水板は業者に頼めなくても簡単に設置できるものがあります。
自分の家に合ったものを選んでください。
現在は浸水対策として様々なグッズが販売されていますので、一度ホームセンターなどに行ってみてくださいね。


このコラムをシェアする